【悪いところも見よう!】フランス語人材として会社で仕事する時のデメリット

こんにちは!
フランスまとめサイト管理人の伊藤圭(@Kei_japonais)です。

普段、「フランス語人材として活躍するとこんなに楽しいことがあるよ~」みたいな感じの投稿をTwitterでしているのですが、今回は思考を変えて、デメリットの方にも焦点を当ててみようと思います。

まぁメリットとデメリットの双方を知った上でフランス語の仕事に就いた方が、後悔がないですものですね。

というわけで、僕の会社を例に出しながら、「フランス語人材として企業で働くことのデメリット」について、2つご紹介をさせて頂きます。

この記事を読むことで分かること・出来るようになること
1. 日本にある企業でフランス語人材として働いた時のデメリットが2つ分かる。
2. 将来フランス語人材として会社で働くで当たって、心の準備が出来る。

初めての方向けに自己紹介。

管理人はフランス語と英語を使って仕事をしています
・社員数約480人のインバウンド専門旅行会社に勤務。
・大手旅行会社のグループ会社の一つ。
・取引国はほぼ全世界。
・2013年11月に転職で入社。
・海外営業部のヨーロッパを担当する課に所属し、7年以上フランス語と英語を使って仕事をしている。
・総合旅行業務取扱管理者という旅行に関する国家資格も一応持ってる。
・大学生の頃にパリに約1年間交換留学を経験。

1. フランス語人材として働くデメリット~フォローをお願いできない~

以前、下記の記事で、僕の会社のフランス語人材の割合をご紹介しました。

僕の会社は社員数約400人。
営業会社と言うことも有り、その内の半分以上が海外営業職に従事しています。

なので、数にすると凡そ200人以上。
その中で、フランス語を使って仕事をしているのは、僕を含めて二人だけです。

仮に営業社員数を少なめに見積もって200人としても、フランス語を使って仕事をしているのは2/200で僅か1%しかいません。
※下記の記事を執筆したときは、弊社の社員数は400名でした。

引用元:フランス語の仕事につくために~TOEIC800点以上の英語力も身につける~

このことが物語っているのですが、日本の企業にはほとんどと言って良いほどフランス語人材がいません。

当時の僕の会社は、会社全体で2名しかフランス語人材がいませんでした。
しかも、その2名も別々の部署に所属しています。

というわけなので、フランス語で仕事をしてしまうと、正直なところフランス語が関わる部分はほとんど他の人にはフォローもらえないです。

例えば、フランス語でお客さんとやり取りをして、お客さんからもらったフランス語の資料に基づいて、フランス語で行程表と見積もりを作成してるとします。

「はぁ~今日も頑張った!今日はここまでにして、明日また続きをやろう!」ということで、その日は帰宅。

翌朝目覚めると、なんか頭がぼーっとする。
熱を測ると38℃。
「これはヤバい!今日は大事を取ってお休みしよう。でも、行程と見積もりが・・・」

と、万が一なったとしても、お客さんとのやり取りや参照資料、作成資料が全てフランス語だと、自分以外対応できないんですね。

もちろん、部分的にフランス語の部分を日本語で説明して、「○月○日の△△ホテルの料金だけちょっと調べてもらえませんか?」とか事前に共有していれば、きっとフォローしてもらえます。

でも、突然自分が休んだりすると、もうアウトです。
なので、基本的にフランス語の絡む部分は全て自分でこなす必要があります。
※裏を返せば、フランス語の仕事がある限り、ずっとフランス語の仕事に関われる可能性はあります。

2. フランス語人材として働くデメリット~異動時に引き継げない~

2つめのデメリットは、「異動時に引き継ぎ先がない」という問題です。

上記で説明したとおり、日本の企業にフランス語人材はほとんどいません。
なので、同じ部署に自分以外にフランス語人材がいるということも極めて稀です。

なので、例えばあなたが現在フランス語に仕事に携わっているとして、もしも他の部署に異動になったら、普通は今抱えている仕事は異動前に同じ部署の他の担当者に引き継ぎますよね。

でも、フランス語人材として働いていると、この引き継ぎ先がないんです。
だって、同じ部署の同僚にフランス語で仕事が出来る人はあなた以外にいないんですから。

というわけで、例えば仕事が同じで海外営業で、営業一課(ヨーロッパ担当)から二課(アメリカ担当)に異動したとします。
その場合、「ヨーロッパのフランスのお客さん以外は営業一課の他の担当者に引き継げたけど、フランスのお客さんだけは、本来二課では担当しないはずであるにもかかわらず、結局例外的に二課で自分が担当することになった」みたいなことが発生します。

あるいは、「そもそも新しく別のフランス語人材が営業一課に入ってくるまで、自分には部署異動が発生しない」というようなこともあるかも知れません。
※ちなみに、僕の会社では前者も後者も両方発生しています。

こちらも、「ずっとフランス語の仕事に携わりたい!」と思っている方には逆にメリットと思いますが、例えば「そろそろ現場を離れて、マネジメントを行いたい」とか、「ちょっとしばらくフランスの仕事から離れて、心機一転したい」という時にはデメリットになりかねないと思います。

あとがき

今回は、「日本の企業でフランス語人材として働いた場合のデメリット」を2つご紹介させて頂きました。

紹介したデメリットは、以下の2点です。

日本の企業でフランス語人材として働いた場合のデメリット
1. ピンチでもフォローをお願いできない
2. 自分の部署異動時に引き継げない

人によってはデメリットでなくメリットかも知れませんが、いずれにせよ、「フランス語人材として仕事をすると、こういうことがあるんだな」と思って頂けたら、とても幸いです。

À très bientôt
Kei

コメント

タイトルとURLをコピーしました