フランス語人材の就活シリーズ②~面接官は人事からどんな指示を受けているのか~

こんにちは!

フランスまとめサイト管理人の伊藤圭(@Kei_japonais)です。

シリーズ2回目の投稿となる今回より、徐々に本題に入っていこうと思います。

今回の焦点は「面接官」です!

以下のことについてお話が出来たらと思います。

  1. 面接官はどんな人たちなのか?
  2. 人事から面接を行うにあたってどんな指示を受けているのか?
  3. 面接官は採用面接でどのような点を見てるのか?

本題に入る前に、自己紹介。

管理人のプロフィール
  1. 東京生まれ東京育ち、仕事の都合で現在関西在住の36才。
  2. 大学生の頃にパリへの交換留学を経験(約1年間)。
  3. 2013年11月にインバウンド専門の旅行会社(大手旅行会社のグループ会社・取引先はほぼ全世界)に転職で入社。
  4. 海外営業部のヨーロッパを担当する課に所属し、8年以上、日々フランス語と英語を使って仕事をしている。
  5. DELF B2(フランス語)・ TOEIC 825(英語)
  6. 東京オリンピック2020フランス空手代表チーム新潟市事前合宿にリエゾンとして帯同
  7. アンサンブルアンフランセ公認インフルセンサー
  8. 「フランス語の仕事に就きたい」という人を応援するフランス語キャリアアドバイザー

1. 面接官が人事担当者とは限らない

これは企業によって異なるのですが、例えば大企業では、基本的に面接においては人事担当者ではなく、営業や事務等の実務担当者が面接官を務めることが多いです。

なのでここでは、以下のことだけ覚えておいてください。

面接官が必ずしも人事担当者とは限らない。
営業や事務などの、実務担当者の可能性もある。

管理人
管理人

ちなみに、面接の段階を経るごとに役職も下記のように変わっていくことが一般的です。

一次面接:係長クラス
二次面接:課長クラス
三次面接:部長クラス
最終面接:社長及び総務/人事部長

※面接が4回の場合

2. 面接官は「応募者の強みを引き出せ」と指示を受けている

基本的に面接官は「面接では、応募者一人一人の強みを引き出すように心がけてください」と人事から指示を受けています。

管理人
管理人

ちなみに、「面接に来る学生さんたちは間違いなく緊張しているので、なるべく皆さんがリラックスして、自然体で面接に臨めるように配慮してください」という指示も受けています。

なので

面接官は、「この子の強みはなんだろうか?」・「緊張をほぐすにはどうすればよいだろうか?」・「どういう質問をしたら、この子の強みをより引き出せるだろうか?」ということを考えていることが多いです。

3. 最終的には「一緒に働きたいか」を見ている

この子と一緒に働きたいか?

求める人物像や評価項目など、判断材料はたくさんあります。

ですが、管理人が思うに、多くの面接官が上記の視点から応募者を見ているはずです。

管理人
管理人

そして、大概の場合、「全員と一緒に働きたい」です。

ただ、採用活動は予め「採用人数」が設けられています。

なので、「この子と、より一緒に働きたい」という方に高得点を付けることになります。

まとめ:面接官に「一緒に働きたい」と思わせることが大切

今回はこんなお話をしました。

  1. 採用面接では、実務に精通した担当者が面接官を務めることが多い。
  2. 面接では、応募者の緊張をほぐし、強みを引き出そうと試みる。
  3. 最終的には「一緒に働きたい」と強く思った人に高得点が付く。

では、一体どうやったら面接官に「一緒に働きたい!」と思ってもらえるのでしょうか?

次回は集団面接でのポイントを挙げながら、上記の方法についてお話をさせて頂きます。

À très bientôt
Kei

追伸
記事の感想・質問など、なんでもコメント欄に書いてくださいね!
基本的に頂いたコメントには全てご返信させていただきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました