フランス語人材のキャリアパス~第4回Reiko VACHOT-INUKAIさん~(前編)

フランス語を使って仕事をしている方へのインタビュー企画!
4回目の今回は、フランス・リヨンにお住まいのReiko VACHOT-INUKAI(犬飼玲子)さんです。

Reikoさんとは、仕事を通じて知り合いました。
フランスの某地域からの行政使節団が日本でとあるミッションを達成するために来日されたのですが、Reikoさんはその使節団の通訳として同行されていました。僕もその使節団には行程・旅行手配のコーディネーターという形で同行をしており、最初の出会いは「お客様」と「現地コーディネーター」という形でしたが、今では良き友人兼共に使節団のミッション達成のために奮闘した戦友です。

1. Reikoさんのプロフィール

<img src='data:image/svg+xml,%3Csvg%20xmlns=%22http://www.w3.org/2000/svg%22%20viewBox=%220%200%20512%20342%22%3E%3C/svg%3E' data-src="https://keifrenchhome.files.wordpress.com/2020/08/arnel-hasanovic-mnd-rka1o0q-unsplash.jpg?w=1024" alt="白い壁・白い机にノートパソコンと女性的な文房具"/>

Reikoさんは大阪外国語大学(現、大阪大学)の外国語学部をご卒業。
なんとご所属の学科はアラビア語学科でした!僕はてっきりフランス語学科だと思っていたので、聞いた時はビックリしました。第一外国語がアラビア語、第二外国語が英語、第三外国語がフランス語だったそうです。

Reikoさんは元々語学に関心があり、アラビア語学科への入学の決め手は以下の4点でした。

  1. アラビア語は国連の公用語であった。
    ※厳密には、総会・安全保障理事会・経済社会理事会でのみ公用語となっています。
  2. NHKラジオ講座にアラビア語がなかったため、簡単に学ぶことができない言語であった。
  3. アラビア語はセム系の言語であり、Reikoさんにとってあまり馴染みがなく新鮮であった。
  4. アラビア語が出来れば、将来の仕事に困らない。
    ※商社の資源関係の仕事や石油関係の会社に就職できるだろうと思っていたそうです。

ですが、入学後2ヶ月程で、Reikoさんは「アラビア語が話される社会は基本的に男性社会である!」ということに気がつき、アラビア語への興味が薄れてしまいました。

元々語学に関心があったので、3年生からは言語学に関心が向き、語学の必修科目がほとんどなくなる大学4年時には、アラビア語関係の授業は卒論に関するゼミだけでした。

大学卒業後は、アメリカ系の銀行に入行。
その後、大学の卒業記念としてイギリスへ短期語学留学に行った際に知り合ったフランス人男性(当時はパリ在住)とのご結婚を経て、銀行を退職し、渡仏。

旦那さんの転勤によりランス近郊のエペルネー(モエ・エ・シャンドンの発祥地)、パリ、ナント、リヨンと住む場所を転々としながら、ランス大学の外国人向けフランス語講座を経て、パリ第七大学に言語学の博士課程まで通われる一方、非常勤で現地の高校・中学で日本語教師を務められました(Reikoさんは大阪外国語大学在学中に高校の英語の教員資格を取得されただけでなく、渡仏前にカルチャーセンターの日本語講師養成講座も修了されていました)。

そして、グランゼコールであるScience Po Lyon(リヨン政治学院)から日本語の非常勤教師のオファーが有り、そのオファーを受けるためには社会保険等の関係で本業として別の会社に所属している必要があったため、翻訳・通訳者の個人事業主として独立をされます(独立をする前に、リヨンで小規模の翻訳・通訳会社にご就職をされましたが、運の悪いことにこの会社は入社後6ヶ月で経営縮小となり解雇されてしまいました)。

2. Reikoさんの現在のお仕事

上記の説明にあるように、Reikoさんの現在のお仕事は仏日・日仏の翻訳・通訳者です。今年で事業を興されて12年目となります。

最初の顧客は旦那さんのお勤め先でした。旦那さんのお勤め先で研究開発を行う際、偶然にも日本の特許文書の内容を理解する必要があり、日本語の特許文書をフランス語に翻訳する仕事を、Reikoさんが受注することとなりました。

起業をするに当たり、商工会議所から「3年目から様々な法人税の免除・減額が無くなるので、逆に言うと3年以上続けば、その後も事業を継続していけるだろう」というアドバイスを受けられたReikoさん。元々は、「まぁ翻訳・通訳一本で食べていくというよりか、Science Po Lyonの日本語非常勤教師をしながら、たまに翻訳・通訳の仕事が出来たらよいかな」と考えていました。

しかしながら、一度案件を受けたお客様がリピーターとなってくれたり、お客様が他のお客様を紹介してくれたり、企業主催のイベントで通訳をするReikoさんの姿を見た来場者がReikoさんに通訳の仕事を依頼してくれたりと、1年目からそれなりに仕事があり、2年目には忙しくなってきて、3年目には「もう翻訳・通訳の仕事を中心にやって行こう」と思うようなったそうです。

<img src='data:image/svg+xml,%3Csvg%20xmlns=%22http://www.w3.org/2000/svg%22%20viewBox=%220%200%20512%20444%22%3E%3C/svg%3E' data-src="https://keifrenchhome.files.wordpress.com/2020/08/portraite58aa0e5b7a5e6b888e381bfefbc89.jpg?w=1024" alt="玲子さんのポートレイト"/>
仏日・日仏の翻訳・通訳者としてご活躍されるReikoさん

「Reikoさんのこの成功の秘訣は何だったのだろう」と気になった僕は、Reikoさんがお仕事で大切にされていることを聞いてみました。するとReikoさんは、「①納期を守ること、②高いクオリティを維持すること、③人を尊重すること」と答えて下さいました。

最後の「人を尊重することって、具体的にどういうことですか?」という僕のさらなる質問に対し、Reikoさんは「クライアントが仕事をしやすいように振る舞うということです。通訳者は黒衣であって、主役ではありません。主役はあくまでクライアントで、彼らに満足してもらうことが一番です。その場の雰囲気や、クライアントの性格・気質に配慮しながら、(日本人とフランス人の)それぞれにとって分かりやすい言葉で伝える。予定外のことが起こっても、クライアントの都合に合わせて臨機応変に対応する。通訳者が自分の我を出したり、変にしゃしゃり出たりせず、常にクライアントを満足させることを考えるということが大切だと思って、日々仕事をしています」と、ご自身の仕事の哲学を語って下さいました。

実は冒頭で述べたフランス某地域からの行政使節団ですが、今まで同様のミッションで3回来日しています。そして、Reikoさんは使節団の通訳として、毎回ミッションに同行されているんです。通訳としての高い能力だけでなく、クライアントの満足のため、まさに使節団の一員として彼らのミッションを成功に導くべくベストを尽くす姿勢に、この使節団はきっと心を奪われたに違いありません。

前編は以上となります。
後編は、2020年8月30日(日)に更新予定です。
楽しみにしていて下さいね。

À très bientôt
Kei

コメント

タイトルとURLをコピーしました