『パリ祭 KYOTO 2022』@アンスティチュ・フランセ関西-京都~2019年以来3年振りに復活!!~

こんにちは!

フランスまとめサイト管理人の伊藤圭です。

エリソン君
エリソン君

この間の「ドゥ マゴ パリ祭 2022」に関する記事、すっごく好評だったね!

東京にはこんなに楽しそうなイベントがあっていいなぁ…。

僕たちが住んでいる関西にも、こんな楽しそうなイベントがあればいいのに…。

管理人
管理人

ふっふっふ…実はねエリソン君。
実は関西にも「パリ祭」はあるんだよ!
何と今回、2019年から実に3年ぶりに『パリ祭 KYOTO 2022』というイベントがアンスティチュ・フランセ関西-京都で開催される予定なんだ!

エリソン君
エリソン君

えぇーーーー!そうなの!?

それは知らなかった!
それでそれで!?
その『パリ祭 KYOTO 2022』ってどんなイベントなの!?

管理人
管理人

よし!
じゃあ今日は、『パリ祭 KYOTO 2022』の概要と見どころを一緒に見て行こう!

本題に入る前に、自己紹介。

管理人のプロフィール
  1. 東京生まれ東京育ち、仕事の都合で現在関西在住の36才。
  2. 大学生の頃にパリへの交換留学を経験(約1年間)。
  3. インバウンド業界の旅行会社で8年以上、日々フランス語と英語を使って仕事をしている。
  4. DELF B2(フランス語)・ TOEIC 825(英語)
  5. アンサンブルアンフランセ公認インフルセンサー
  6. 「フランス語の仕事に就きたい」という人を応援するフランス語キャリアアドバイザー
エリソン君
エリソン君

ちなみに、好評だった前回の記事はこちらだよ!

『パリ祭 KYOTO 2022』@アンスティチュ・フランセ関西ー京都

冒頭でもご紹介通り、今回開催される『パリ祭 KYOTO 2022』は、2019年以来、実に3年ぶりの開催になります。

管理人
管理人

新型コロナウイルスの蔓延とか、本当に色々あったからね。

2022年にして、満を持しての開催というところかな!

エリソン君
エリソン君

関係者の方々にとっては、それは感慨深いだろうねぇ…。

『パリ祭 KYOTO 2022』の概要

今回のイベントの概要は以下の通りです。

日時:2022年7月17日(日)14:00-19:00
・会場:アンスティチュ・フランセ関西-京都
・前売りチケット:クラブ・フランス会員 500円、一般 800円、12歳以下は無料。
 ※1 当日券の販売も有。
 ※2 トンボラというイタリアのビンゴのようなゲームの抽選券付きです
・チケット販売場所:アンスティチュ・フランセ関西-京都受付窓口かオンラインから。
・雨天時:雨天決行(台風の場合は中止の可能性も有。詳細はホームページをチェック)
・主催:アンスティチュ・フランセ関西-京都

見どころ①:ル・マルシェ 14:00-19:00

アンスティチュ・フランセ関西-京都の正門をすぐにある広場にて、フランスの市場を再現した「ル・マルシェ」が開催されます!

美味しいグルメや素敵なフランス雑貨を販売するスタンドがたくさん!!

  • ただ見て回っても良し!
  • 手に取って見ても良し!
  • 店員さんとの会話を楽しんでも良し!
管理人
管理人

見るだけ~って思っていても、素敵なものを見つけるとついつい買ってしまうんですよねぇ(笑)

エリソン君
エリソン君

分かるかも~!
でも、そんな素敵な出会いがあるのも「ル・マルシェ」の魅力でだよね!
ちなみに、ル・マルシェの雰囲気を知りたかったら、管理人さんたちが以前マルシェの撮影に行った時の動画を貼っておくから、良かったら見てみてね!

見どころ②:ペタンク体験 15:30-17:00

フランス発祥のスポーツである「ペタンク」を体験できるコーナーもあります!

エリソン君
エリソン君

ペタンクとは、南フランスのプロバンス地方で生まれたゲームのことだよ。
一人対一人、二人対二人、三人対三人などで行われ、直径7〜8センチ、重さ600〜800グラムの鉄球を6〜10メートル離れた木製の的球目がけて投げて、どれだけ近づけるかを競うゲームなんだ。

フランスの代表的な市民スポーツの一つで、なんと世界大会も開催されているんだよ!

管理人
管理人

管理人はひょんなことからスイスのジュネーヴで1回だけペタンクをやったことがあります。

ペタンクのボール、意外に重いです!
そして、女性も気軽に参加できるし、ルールは単純だけど、これが中々難しくて…。
かなり白熱した記憶があります!
老若男女問わず参加できるから、年齢・性別を問わず、ごちゃ混ぜチームで対戦しても面白いですよ!

ちなみに、公益社団法人日本ペタンク・ブール連盟なんて団体もあります!

見どころ③:ベル・エポックのオペレッタ 16:30-17:15

声楽家である小林真理(こばやしまり)さん(メゾ・ソプラノ/ストラスブール地方国立音楽院専任教授)が、若手のアーティストと共に、ベル・エポック(19世紀末~第一次世界大戦までのフランス、プルーストの『失われた時を求めて』が描いている時代)のオペレッタを紹介してくれます。

エリソン君
エリソン君

オペレッタというのは、「普通のセリフと歌の混じった、比較的親しみやすいオペラ」のことだよ。

19世紀後半以降に、パリやウィーンで流行したんだ!

小林真理さんの公式ブログはこちら

体験レッスンや子ども向けのワークショップなど、他にも見どころがいっぱい!

これまで紹介した見どころの他にも、

  • 参加型フランス語演劇ワークショップ
  • 音楽ライブ
  • オリジナルうちわ作り(5歳~高校生対象)
  • フランス語で謎解きゲーム(6歳~12歳対象)
  • 無料フランス語体験レッスン
  • カフェ・デザミ(フランス語フリートーク)~パリ祭スペシャル~

などなど、楽しそうなイベントが盛りだくさん!

エリソン君
エリソン君

関西にお住いのフランス好きの方々は、是非とも足を運んでみてね!

À très bientôt
Kei

コメント

タイトルとURLをコピーしました