フランス留学してめっちゃ良かったことベスト5

こんにちは!
フランスまとめサイト管理人の伊藤圭(@Kei_japonais)です。

新型コロナウイルスの影響により、フランス留学がしにくいご時世ですが、もしタイミングさえ許すなら、勝手ながら留学には絶対に行って欲しいなと思います。

僕が大学生の頃にパリに約1年間の交換留学をした経験があるのですが、今でも事ある毎に思い出すくらい楽しくって仕方がない日々でした。

留学って本当に一生ものの経験であり、フランス留学で得られる物は大袈裟な話ではなく、その後の人生に生きてくる財産になるはずです。

「でも、今はオンラインでもフランスの大学の授業を受けられる時代じゃん。このネット社会において、フランスに留学するメリットってなに?」と考えている方もいらっしゃると思います。

というわけなので、今回は管理人が思う「フランスに留学してめっちゃ良かったことベスト5」をご紹介させて頂きます。

フランス留学を検討中の方の参考になったら嬉しいです。

この記事を読むと分かること
フランス留学をすると得られるメリットが5つ分かる。

初めての方向けに自己紹介

管理人はフランス語と英語を使って仕事をしています
・社員数約480人のインバウンド専門旅行会社に勤務。
・大手旅行会社のグループ会社の一つ。
・取引国はほぼ全世界。
・2013年11月に転職で入社。
・海外営業部のヨーロッパを担当する課に所属し、7年以上フランス語と英語を使って仕事をしている。
・総合旅行業務取扱管理者という旅行に関する国家資格も一応持ってる。
・大学生の頃にパリに約1年間交換留学を経験。

1. フランス留学のメリットその1~フランス語力が上がった~

フランス留学のメリットその1は、フランス語能力が上がるということです。

まぁこれは想像がつきますよね。

フランスという国で、フランス語で日常生活を送り、フランス語で授業を受け、フランス語で友達と話すというまさにフランス語漬けの日々を送るわけですから、強制的にフランス語のインプットとアウトプット繰り返すことになります。

部屋に引きこもって出てこないとか、授業をサボりまくるとか、フランス人の友人を作らないといったことをしない限りは、まさに否応なしにフランス語能力が伸びていく環境に身を置くこととなります。

2. フランス留学のメリットその2~フランス人の友人ができた~

フランス留学のメリットその2は、フランス人の友人ができるということです。

まぁこれも当然と言えば当然ですね。

日本で生活をしていると、敢えてフランス人が集まる場所に行かない限りは、中々フランス人と知り合う機会はありません。

ですが、フランスに留学をすれば、自分の周りにはフランス人ばかり。
自分から行動を起こして積極的に声かけをしていけば、たくさんのフランス人と知り合うことができます。

中には、帰国後も長~く付き合う友人も出来ると思います。
というのも、僕がまさしくこのケースで、僕が留学中に出会ったフランス人の友人たちは、結構な数の人たちが今も日本で生活をしています。

僕は法政大学に通っており、パリ留学中は、法政大学の協定校であるパリ第七大学というところに交換留学生として通っていました。
パリ第七大学には「日本語学科」という学科が存在し、そこに通う学生の多くが日本の文化やマンガなどのポップカルチャー、そして日本語に関心のある人たちでした。

なので、僕の帰国後に交換留学生として日本にやってくる友人も多かったですし、大学を卒業後に日本で仕事をする友人も比較的多かったため、結果的にとても長~い付き合いの友人たちに恵まれました。

僕のケースは中々レアなケースかも知れませんが、それでも「たまにパリに行ったときに会うフランス人の友人」や「定期的にSNSで連絡を取り合うフランス人の友人」ができることは間違い無いと思います。

そういった「かけがえのない出会い」をもたらしてくれるのも、フランス留学のメリットであると思います。

3. フランス留学のメリットその3~フランス観光しまくれた~

フランス留学のメリットその3は、フランスを観光しまくれたことです。

前述の通り、僕の留学先はパリでした。
華の都パリです。

そりゃぁもう最高でした。
授業終わりにセーヌ川を散歩したり、オペラ地区を散策したり、凱旋門を見に行ったりと、僕にとっては毎日が観光です。

特に僕は美術館が好きで、パリは美術館の宝庫。
週末になっては美術館に繰り出し、目を養っておりました。

それから、アルザス地方やノルマンディー地方出身の友人がいたので、彼らがバカンスの時期に帰省する際、一緒について行って、実家に泊めてもらう経験もしました。

フランス人の一般家庭に泊めてもらい、友人家族と食卓を囲むということだけでも新鮮なのに、車を出してもらってフランスの地方の観光地をまわれるなんて、この上もなく素晴らしい想い出もたくさん作ることが出来ました。

僕はお金がなくて出来なかったのですが、同じ時期に留学していた日本人の友人達は、「せっかくヨーロッパにいるんだから!」ということで、イタリア・ドイツ・スペイン・スウェーデンなど、ヨーロッパ各国にバンバン旅行に行っていました。

日本から行くと直行便でも12時間かかる上に非常に高額となりますが、フランスから行けば飛行機で1~2時間程度。
格安航空を利用すれば、費用も日本からの行く場合の10分の1くらいで済みます。

フランス留学は、フランス国内は勿論、ヨーロッパ全体を観光するにも持って来いです。

4. フランス留学のメリットその4~フランス人の勉強量が分かった~

フランス留学のメリットその4は、フランス人大学生の圧倒的な勉強量を知ることが出来たことです。

フランスの大学のテストは、Dissertationと言って、基本的には小論文形式で回答することとなります。
このDissertation、日本の大学のA3サイズのプリント一枚とは違い、A3サイズのプリントで4枚も5枚も論述をしなければなりません。

もうこれくらいの量となると、付け焼き刃で知識をつけた程度では論述なんてできないんですね。
なので、基本的にフランス人の大学生は日常的にとても良く勉強していて、専攻分野の知識だけでなく、教養もとても深いです。

フランスに留学し、なんとなく将来フランス語を使って仕事をすることをイメージしていた僕は、「将来は大人になったフランス人学生達と一緒に仕事をする可能性がある。その時、僕は彼らに太刀打ちできるだろうか」と、大きな不安に駆られたことを覚えています。

留学中に受けたこの大きな衝撃のおかげで、フランス留学中は勉学に励むことが出来ましたし、帰国後に大学院に通う決意をすることも出来ました。

5. フランス留学のメリットその5~英語の大切さを理解出来た~

フランス留学のメリットその5は、英語の大切さを身をもって知ることが出来たことです。

フランスにはエラスムス制度というEU圏内の大学に6ヶ月間通い、単位互換をすることが出来るEU域内限定留学制度のようなものがあります。

元々ヨーロッパは大陸で繋がっており、航空機を利用すればほとんどの国に1~2時間程度で移動することが出来るので、多くのヨーロッパ諸国の大学生がこのエラスムス制度を利用してフランスに留学に来ています。

その時のヨーロッパからの留学生の英語力の高さと言ったら、半端じゃなかったです。
というか、基本的にエラスムス制度を利用してフランスに留学に来ている大学生達の中に、英語が出来ない人がいませんでした。

みんな、当たり前の様に英語が出来て、「英語+アルファ」という形で、フランスに留学に来ているという感じでした。

一方、僕は英語がまるっきしダメだったことに加えて、フランス留学当初はフランス語すらままなりません。

「他の皆は英語が当たり前に出来て、さらにフランス語まで勉強しているのに、自分ときたら、英語もフランス語もダメ。いったい、何やっているんだろう」と本気で落ち込みました。

この経験があったおかげで、「英語=Global language」ということを身をもって知ることが出来ましたし、留学先の大学で英語の授業も履修するなど、フランス留学中に英語の勉強にも励むことが出来ました。

当初は激しく落ち込みましたが、今思えば、この時衝撃を受けておいて本当に良かったと思います。
※ちなみに、ヨーロッパからの留学生の英語力や彼らの英語以外に武器については、以下の記事で詳しく記載しています。

あとがき

今回はフランス留学をすることで得られるメリットについて、管理人のベスト5を挙げさせて頂きました。

メリットをまとめると、以下の通りとなります。

フランス留学を通じて得られるメリットベスト5
1. フランス語能力が上がる。
2. フランス人の友人が出来る。
3. フランス観光しまくれる。
4. フランス人大学生の勉強量が分かる。
5. 英語の大切さが分かる

今は物理的に留学が非常に難しい状況にありますが、留学を通じて、今回ご紹介したこと以外にも本当に多くの事を学ぶことがで出来ます。

状況が許す方は、留学を諦めずに、必ずや実現をさせて欲しいと思います。

À très bientôt
Kei

コメント

タイトルとURLをコピーしました