【会話力UP】マンツーマンレッスンが僕にとっての分岐点!

<img width=

こんにちは!
フランスまとめサイト管理人の伊藤圭(@Kei_japonais)です。

「どうやったらフランス語の会話力を伸ばすことが出来るんだろう」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

僕も会話力UPの方法については本当に悩みました。
そんな時、大学の先輩でフランス語がペラペラな人がいて、「どうやってそんなに話せるようになったんですか!?」と尋ねたところ、「プライベートでマンツーマンレッスンに通ったんだよ」という答えが返ってきました。

これを機に、僕も「プライベートレッスン」に通い出したところ、劇的に会話力がアップした事を覚えています。

今日は「どうやったら会話力をアップ出来るのか」とお悩みの方に対して、参考情報として「マンツーマンレッスンの効果」についてご紹介させて頂きます。

この記事を読むと分かること
1. マンツーマンレッスンは「会話力UPのトレーニングとして効果的」ということが分かる。
2. なぜマンツーマンレッスンが「会話力UPのトレーニングとして効果的」なのか、理由も理解出来る。
3. 管理人オススメの語学学校情報も入手できる

初めての方向けに自己紹介。

管理人はフランス語と英語を使って仕事をしています
・社員数約480人のインバウンド専門旅行会社に勤務。
・大手旅行会社のグループ会社の一つ。
・取引国はほぼ全世界。
・2013年11月に転職で入社。
・海外営業部のヨーロッパを担当する課に所属し、7年以上フランス語と英語を使って仕事をしている。
・総合旅行業務取扱管理者という旅行に関する国家資格も一応持ってる。

1. マンツーマンレッスンが管理人に及ぼした効果

<img width=

マンツーマンレッスンが会話力UPのトレーニングとして非常に効果的であるということを、僕のBefore・Afterをご紹介することを説明させて頂きます。

ちなみに最初に結論から述べると、マンツーマンレッスン開始前と後では、このくらい力の差がついていたと思います。

マンツーマンレッスン開始前
・日常会話:ほぼ不可能。
・リスニング:ほぼ分からない。

マンツーマンレッスンを開始して3ヶ月後くらい
・日常会話:簡単な内容なら可能(例:「今日は○○の授業を大学で受けてきた。面白かった。なぜなら○○だったから」と、自分がしてきたことと、それについてどのように思ったかを理由を含めて話せる)
・リスニング:ゆっくり話してもらえれば、語彙力はないものの聞き取ることは出来る。普通のスピードで話されてしまうと、簡単な日常会話以外は聞き取ることが難しい。

まだまだ初心者の行きを出ませんでしたが、マンツーマンレッスンを開始して3ヶ月後くらいには、全くダメだった会話とリスニングが、何とか簡単な日常会話ができて、相手の言っていることも聞き取れるレベルにまで成長していました。
※管理人は「1回40分のマンツーマンレッスン」を週に3回~4回くらいのペースで受けていました。

ちなみに、僕がフランス語のマンツーマンレッスンに通い出したのは、確か大学2年生の秋頃。
マンツーマンレッスンに通うことを決めたきっかけは2つあり、1つは、冒頭で説明した「フランス語ペラペラの先輩が進めてくれた」ということ。

もう1つは、同じく大学2年生の夏に、アンスティチュ・フランセ東京(当時は東京日仏学院)主催の「大学生向けの夏のフランス語集中講座」で文法やグループでの会話レッスンを集中的に受けたのですが、そこで思うように会話力が伸びなかったことに悩んでいたためです。

「大学生向けの夏のフランス語集中講座」では、確か1日は6~8時間くらいのフランス語の授業を2週間に亘って集中的に受ける集団(1クラス20人くらい)プログラムでした。

僕は文法と会話力を伸ばしたいと思ってこのプログラムに参加したのですが、プログラム終了時に文法は着実に力がついていたものの、会話力は全く、少なくとも僕の期待したほどは成長を感じなかったんです。

それに対して焦りを感じていたところ、上記の先輩と話す機会を得られたというのが、マンツーマンレッスンを通うに至った正確な経緯となります。

2. マンツーマンレッスンはなぜ伸びるのか~逃げ場がないから~

<img width=

マンツーマンレッスンがグループレッスンと比較してなぜ伸びるのか考えてみたところ、以下の2点が理由として考えられると思いました。

マンツーマンレッスンがグループレッスンより効果がある理由
1. グループレッスンよりも発言回数が多いため、アウトプットの機会が増えるから。
2. 先生と自分しかいないため、他の逃げ場がなく、分からなくても無理矢理話さないとレッスンにならないから。

1も2も大切なんですが、特に2の「逃げ場がない」というのは、本当に効果的だと思います。

仮に先生の言っていることが分からなかったとしても、先生の言ったことについて全力で想像力を膨らませ、先生の会話に対応しないと、本当に授業にならないんですね。

例えば、グループレッスンなら、「やべ!先生の言ってることが分からない」となっても、誰か分かる人が代わりに答えてくれることがあります。
その場合は、仮に自分が分からなかったとしても、レッスンは滞りなく進んでいくわけです。

でも、マンツーマンだとそうはいかない。
先生の言ってることが分からず、「今から何をやるのか分からない!」となった場合は、先生に「すみません!もう一度ゆっくりいってもらえませんか?」と尋ねないと行けません。

そして、先生が優しくゆっくり言い直してくれたとしても、「ダメだ!全然先生の言っていることが分からない」となった場合は、また再度先生に聞き直さないといけないわけです。

2回も言い直してもらった時は、こちらも必死です。
全力で先生の言っていることを聞き取ろうとし、理解しようとし、分からない表現や聞き取れなかったところは先生のジェスチャーは声のトーンなどあらゆるヒントから全力で想像して、何とか理解をしようとします。

この「逃げ場がない」・「自分以外に対応できる人がいない」という状況が、物凄く自分を成長させるのだと思います。

ちなみに、上記はリスニングの場合の例ですが、会話の場合も同様です。
仮に自分の言っていることが通じないとして、言い換えとか、絵とか、ジェスチャーとかで、なんとかして自分の考えていること・言いたいことを先生に伝えないといけないわけです。
このやり取りが、会話力も大きく成長させるのだと思います。

3. 管理人オススメの語学学校

<img width=

マンツーマンレッスンの効果を説明できたので、今度は管理人オススメの語学学校をご紹介させて頂こうと思います。

僕がオススメするのは、以下の2校です。

ル・フランセ・シック

オンライン専門のフランス語スクール。日常会話、旅行会話、ビジネス会話、仏険対策など、目的に合わせてコースの選択できます。
オンライン専門のため、レッスン代金は比較的安価です。また、講義の質も高く、管理人の友人が通訳コースを受講しており、毎回とても満足しているを聞いています。

アンサンブル アン フランセ

2010年開校のオンライン専門のフランス語スクール。「会話」・「基礎文法」・「発音」だけでなく、「フランス留学準備」・「専門分野(音楽、パティシエ・キュイジニエ、モード)」・「仏険対策」・「DELF/DALF」・「全国通訳案内士」なども受講可能です。

上記の2校をオススメする理由は、以下の2点となります。

1. オンライン専門の語学学校であり、料金が他のスクールと比べて安価だが、レッスンの質は高い。
2. 新型コロナウイルスの影響下で外出が難しい状況であっても、オンラインならレッスンを受けることが出来る。

特に「ル・フランセ・シック」は、第1回フランス語人材のキャリアパスで登場した矢田ふみさんがご利用されており、こちらで「日⇔仏通訳」のレッスンを受けられているそうです。

先生の質が高くて、とてもオススメだと仰っていました!

ちなみに、「オンラインではなくて、リアルで語学学校に通いたい」という場合は、本サイトの「語学学校情報」を是非ともご覧下さい。

あとがき

僕が大学生の頃はNOVAの銀座校に通っていました。
今は英語以外はほとんどオンラインのみですが、昔はNOVAの至る校舎でフランス語のレッスンをやっていたんです。

僕の時はちょうどNOVAの経営が傾いた時であり、色々と世間を騒がせていましたが、先生の質は高かったし、スタッフさんの良くしてくれたし、僕はNOVAをとても気に入っていました。

ただ、NOVAのオンライン授業って受けたことがないんですよね。
なので、オススメにはしていませんが、サービス上問題はないとは思っています。

いずれにせよ、今回の情報が、皆さんのお役に立ちましたら幸いです。

À très bientôt
Kei

コメント

タイトルとURLをコピーしました