フランス語文法(25):人称代名詞間接目的語

1. 間接目的語とは

まず間接目的語について確認をしましょう。

間接目的語とは「○○に△△する」の「○○に」に値する言葉となります。

間接目的語の例
1. 私はマリーにこのリンゴをあげる。
2. 彼はマキシムに手紙を書いています。
3. 彼女は大学生たちにフランス語を教えています。

管理人
管理人

「誰に」このリンゴをあげるのか。

「誰に」手紙を書くのか。

「誰に」フランス語を教えるのか。

これらが、間接目的語となります。

2. 間接目的語文の作り方

間接目的語の前には、必ず前置詞の à が置かれます。

間接目的語文の例
1. 私はマリーにこのリンゴをあげる。
Je donne cette pomme à Marie.
読み方:ジュ ドンヌ セット ポム ア マリ

2. 彼はマキシムに手紙を書いています。
Il écrit à Maxime.
読み方:イレクリ ア マキシム

3. 彼女は大学生たちにフランス語を教えています。
Elle enseigne le français aux étudiants.
読み方:エル アンセイニュ ル フランセ オ ゼテュディアン

2. 人称代名詞・直接目的語とは

人称代名詞・間接目的語とは、上記の例文の「マリーに」・「マキシムに」・「大学生たちに」どの名詞に代わって目的語になる名詞のことをさします。

管理人
管理人

「人称代名詞・間接目的語」は前回の「人称代名詞・直接目的語」と形が同じものもあれば、違うものもあるので、注意が必要です。

人称代名詞・直接目的語の形
単数複数
私にme
(ム)
私たちにnous
(ヌ)
君にte
(トゥ)
あなたに
あなたたちに
君たちに
vous
(ヴ)
彼に
彼女に
lui
(リュイ)
彼らに
彼女らに
leur
(ルール)

「人称代名詞・直接目的語」の場合は「彼を」と「彼女を」はそれぞれ le ・ la と異なる形を取りましたが、「人称代名詞・間接目的語」は「彼に」・「彼女に」は同じ luiという形になるので、注意が必要です!

人称代名詞間接目的語を使った例文例
1. 私は彼女に(マリーに)このリンゴをあげる。
Je donne cette pomme à Marie. → Je luidonne cette pomme.
読み方:ジュ ドンヌ セット ポム ア マリ  →  ジュ リュイ ドンヌ セット ポム

2. 彼は彼に(マキシムに)手紙を書いています。
Il écrit à Maxime.  →  Il lui écrit.
読み方:イレクリ ア マキシム  → イル リュイ エクリ

3. 彼女は彼らに(大学生たちに)フランス語を教えています。
Elle enseigne le français aux étudiants. → Elle leur enseigne le français.
読み方:エル アンセイニュ ル フランセ オ ゼテュディアン → エル ルールアンセイニュ ル フランセ

3. 人称代名詞・間接目的語を使った否定文と命令文の例

否定形の例

・私は彼女(マリー)にこのリンゴをあげない
Je ne luidonne pas cette pomme.
読み方: ジュ ヌ リュイ ドンヌ セット ポム

命令形の例

彼女(マリー)にこのリンゴをあげなさい
Donne-lui cette pomme.
読み方: ドンヌ リュイ セット ポム

コメント

タイトルとURLをコピーしました