フランス語文法

フランス語文法

フランス語文法(31):指示代名詞

1.指示代名詞とは 指示代名詞とは、「これ」・「それ」・「あれ」という意味となる代名詞です。 フランス語には代わりとなる名詞の性・数によって形が変化する指示代名詞と、形が変化しない代名詞の2種類があります。 フラン...
フランス語文法

フランス語文法(30):強調構文

1. 強調構文とは 強調構文とは、その名の通り何かを強調したい時に使う構文です。 2. 強調構文の作り方 強調構文は「 C'est 強調したい人・物・事 qui / que 」で作ることができます。 強調し...
フランス語文法

フランス語文法(29):関係代名詞

1. 4つの関係代名詞 フランス語には以下の4つの関係代名詞があります。 qui(キ), que(ク), dont(ドン), où(ウ) 2. それぞれの関係代名詞の役割 次に、それぞれの関係代名詞の役割・用法...
フランス語文法

フランス語文法(28):複合過去(直接法)②

1. 複合過去の作り方 複合過去は「助動詞(の現在形)」+「過去分詞」で作ることができます。 そして、フランス語の場合は助動詞は以下の2パターンのみ。 Avoir か Être 以下で詳しく見てみましょう。...
フランス語文法

フランス語文法(27):複合過去(直接法)①

1. 複合過去の「複合」とは 複合タイプの変化(助動詞ともに変化)するという意味です。例「助動詞+過去分詞」 管理人 「複合」の対となる概念が「単純」です。「単純タイプの変化」とは、「その動詞だけが単体で変化するタイプ」と...
フランス語文法

フランス語文法(26):人称代名詞強勢形

1. 人称代名詞強勢形とは 原則として「その人のことを強調したいとき」に使用します。 管理人 ただ、文法上のルールとして形だけ強勢形を用いる場合もあるので、実は必ずしも毎回強調するわけはありません。「この形になったら絶対強...
フランス語文法

フランス語文法(25):人称代名詞間接目的語

1. 間接目的語とは まず間接目的語について確認をしましょう。 間接目的語とは「○○に△△する」の「○○に」に値する言葉となります。 間接目的語の例1. 私はマリーに このリンゴをあげる。2. 彼はマキシムに手紙を...
フランス語文法

フランス語文法(24):人称代名詞・直接目的語

1. 直接目的語とは まず直接目的語について確認をしましょう。 直接目的語とは「○○を△△する」の「○○を」に値する言葉となります。 直接目的語の例1. 私はこのリンゴを食べる2. 彼は彼女を愛している。3. 私た...
フランス語文法

フランス語文法(23):命令形

1. 命令形とは 命令形とは「~しろ」・「~しなさい」・「~しよう」などの表現となります。 命令形は基本的に現在形から作られ、3つのパターンがあります。※一部例外があります。 2. 命令形の3つの基本形 命令形...
フランス語文法

フランス語文法(22):非人称表現➂ 定型文としての il

今回で非人称表現は最後となります。 今回確認するのは、以下の2種類の表現です。 ① Il faut (イル フォ)+ 冠詞 + 名詞 / + 動詞の原形 = 「~が必要だ」・「~しなければならない」② Il est + 形容...
タイトルとURLをコピーしました