フランス語人材のキャリアパス~第一回 矢田ふみ さん~

フランス語を使って仕事をしている方にインタビューをするという本企画の記念すべき第一回目は、北九州市にお住まいの矢田ふみさんです。

矢田さんとはTwitterで知り合いになり、メッセージのやりとりをするなど仲良くさせて頂いていたのですが、実は今回対面でお話しするのは初めてでした。

ですが、とっても雰囲気が柔らかくて、こちらもリラックスして色々とお話を伺うことが出来ました。

1. 矢田ふみさんのプロフィール

<img src='data:image/svg+xml,%3Csvg%20xmlns=%22http://www.w3.org/2000/svg%22%20viewBox=%220%200%20480%20360%22%3E%3C/svg%3E' data-src="https://keifrenchhome.files.wordpress.com/2020/06/e3839de383abe38386e3839ce3838ce383bce383abe382a2e382abe38387e3839fe383bce381abe381a6-zene382a2e382abe38387e3839fe383bce381aee6a798e5ad90.jpg?w=960" alt="アロマグッズについて説明する矢田さん"/>
写真左の女性が矢田ふみさん

矢田さんは九州大学文学部国語国文学科をご卒業。

フランス語は第二外国語として選択してされており、大学生2年生の後期から専門である国文学を学ばなければならないというご事情から、大学生の時はフランス語を2年間しか学ばなかったとのこと。

ご卒業後は、文学の研究者の道には進まず、洋服が好きだったこともありアパレルメーカーに入社。百科店などの大型店舗に商品を卸す法人営業をご担当されます。

日々やりがいを持っての臨んでいたものの、会社からの無茶な売上目標や過労がもとで体調を崩し、休職をされることになります。

休職中、癒しを求めてアロマテラピーを受診されたことをきっかけに、急速にヒーリングの世界へ。ご自身もアロマテラピーを受診する傍ら、通信教育でアロマテラピーを学び、資格を取得するだけでなく、通院されていたサロンにて1年間の実務も経験。

その後、ご自宅に自宅サロン「アロマ&ヒーリング ネロリ」
(http://neroli.fc2web.com/profile.html)を開業され、現在に至ります。

2. 現在のお仕事

というわけで、矢田さんの現在の本業はアロマセラピストです。
「えっ?フランス語は?」と思われた方、ご安心を。

ここがまさしく現代的で、これから皆さんの可能性をぐっと広める働き方だと思うのですが、矢田さんは「副業」という形で、フランス語を使う仕事に関わっていらっしゃいます。

副業として関わっているのは、プロヴァンス生まれの老舗オーガニックコスメブランドLe Château Du Boishttp(http://www.lcdb.jp/)、正確にはLe Château Du Boisの日本総代理店である「ポルテボヌール株式会社(以下:ポルテボヌール)」です。

ポルテボヌールでは、そのご経験とご経歴を活かしてセラピストとしても関わっていらっしゃいますが、同時に以下の業務にてフランス語能力を存分に発揮されております。

・フランスから送られてきた資料を日本語に翻訳。
・ライターとしてプロヴァンスに関する仕事やメルマガを執筆。
・同社が実施しているプロヴァンス視察旅行に通訳として同行。

<img src='data:image/svg+xml,%3Csvg%20xmlns=%22http://www.w3.org/2000/svg%22%20viewBox=%220%200%20480%20360%22%3E%3C/svg%3E' data-src="https://keifrenchhome.files.wordpress.com/2020/06/2019e5b9b4e3839de383abe38386e3839ce3838ce383bce383abefbc88e6a0aaefbc89e38397e383ade383b4e382a1e383b3e382b9e38384e382a2e383bc.jpg?w=960" alt="ポルテボヌール主催のプロヴァンス研修旅行の様子"/>
ポルテボヌール主催のプロヴァンス研修旅行の様子
写真右から3番目の女性が矢田さん
<img src='data:image/svg+xml,%3Csvg%20xmlns=%22http://www.w3.org/2000/svg%22%20viewBox=%220%200%20360%20480%22%3E%3C/svg%3E' data-src="https://keifrenchhome.files.wordpress.com/2020/06/e383a9e38399e383b3e38380e383bce7b2bee6b2b9e381aee892b8e79599e382b7e382b9e38386e383a0e38292e9809ae8a8b3e4b8ad.jpg?w=720" alt="ラベンダー精油の上流システムについて通訳される矢田さん"/>
ラベンダー精油の蒸留システムについて通訳される矢田さん


僕の知り合いには、平日は本業として別の仕事を持つ傍ら、週末はフランス語通訳案内士として活躍されている人もいます。

お仕事のタイプにも当然よるとは思いますが、副業という形で「フランス語の仕事と小さくても確かな接点」を作ってから、その接点を大きくしていく、あるいは増やして行くというやり方もありなのではないでしょうか。

後述しますが、矢田さんは「副業という形でポルテボヌールにてフランス語の仕事を担当したことが、とある美容専門学校でのフランス語通訳の仕事につながる」という成功体験をされております。

3. ポルテボヌール株式会社との出会い

矢田さんとポルテボヌールとの出会いは、矢田さんのご友人の「フランスのコスメブランドであるLe Château Du Boisの日本総代理店が博多の方にオープンしたらしいよ」というちょっとした一言がきっかけでした。

ご友人としては、「矢田さんのサロンで役に立つ商品があるかも」と考えてことだったのですが、矢田さんは「フランス」という言葉に反応し、なんとなく「これだ!」と思ったとのこと。

後述しますが、矢田さんはこの話が舞い込んでくるかなり前からフランス語の勉強を再開しており、当時は「フランス語を仕事でも活かしたいなぁ」と思っていたそうです。

ご友人に教えて頂いたことをきっかけに、矢田さんはポルテボヌールに訪問し、社長とお話しする機会を得ます。

その時に、「私はフランス語を勉強しているんですよ!」と社長にお伝えしたところ、「そうなの!?私、英語は出来るのだけど、フランス語はちょっと。もし良かったら、このフランス語の資料を日本語に訳して欲しいのだけど…」という話になり、現在のように副業としてポルテボヌールに関わるようになりました。

<img src='data:image/svg+xml,%3Csvg%20xmlns=%22http://www.w3.org/2000/svg%22%20viewBox=%220%200%20480%20360%22%3E%3C/svg%3E' data-src="https://keifrenchhome.files.wordpress.com/2020/06/2018e5b9b4-e383b4e382a7e383abe382b5e382a4e383a6e381abe38182e3828be382b7e383a3e38388e383bce38387e383a5e3839ce383afe381aee38396e38386e382a3e38383e382afe38292e8a8aae5958f.jpg?w=960" alt="ヴェルサイユにあるブティックを訪れる矢田さん"/>
2018年 ヴェルサイユにあるLe Château Du Boisのブティックを訪問
左の女性が矢田さん

矢田さんのお話を聞いていて、「矢田さんは、チャンスが来たときに、自分からチャンスをつかみに行ける人なんだなぁ」と思いました。

チャンスが来た時にチャンスをつかむためには、日頃から入念に準備をすることと、チャンスが舞い込んで来たときに自らチャンスをつかみに行く行動力が必要です。

矢田さんは、日頃から「フランス語の勉強を継続していた」ので、「フランス語を使う仕事」というチャンスが舞い込んできた時に、チャンスをつかみに行ける体制(十分なフランス語能力)が整えられていました。

そしていざチャンスが舞い込んで来たとき、自らお店に訪問するだけでなく、「私はフランス語を勉強しているんですよ!」と相手にアピールすることにも成功しています。

この準備と行動力があったからこそ、矢田さんは現在のポルテボヌールとの関係を築くことが出来たのだろうなと思います。

4. 矢田さんのフランス語の勉強方法

毎年色々なところにご夫婦でご旅行に行かれる矢田さん。
ある時、ふと「フランス」が頭に浮かび、その年の旅行先はフランスにされます。

「どうせフランス行くなら、もう一度フランス語を勉強してみよう」ということで、アンスティチュ・フランセ九州に通うことを決意。
「大学生の時に習っていたし、頑張って勉強していたのだから、まだ結構話せるかも」と少し期待していたものの、レベルチェックテストではまさかの入門…。この結果への「悔しさ」から、矢田さんは再びフランス語への熱を取り戻します。

最初はアンスティチュ・フランセの総合フランス語(https://www.institutfrancais.jp/kansai/sogo/)という講座を受講されます。
こちらの授業は、コミュニケーションに必要なすべての能力(話す、書く、聞く、読む、発音、文化)を身につけることを目的とした講座です。

この総合フランス語で力をつけ、その後は文化や文学など、ご自身が興味のある講座を受講するようになられたとのこと。講座にもよりますが、基本的に1つの講座は週に1回、時間は90分~120分です。多いときは週に2回、少なくとも週に1回は講座を受講されていたそうです。

矢田さんは常に目標を設定されながらフランス語を勉強されており、最初はDELF A1を目標とし、合格後はA2。A2合格後はB1、その後はB2といった具体に、「目標を設定→クリア→新しい目標を設定→クリア→新しい目標を設定」という形で、段階的に目標を引き上げていきました。

現在ではDELF B2を保持され、前述の美容専門学校での通訳業務のために、Le Français Chic(https://www.lefrancais.jp/)のオンラインフランス語講座にて、フランス語通訳の勉強をされていらっしゃいます。

ちなみに数あるオンラインフランス語講座の中でLe Français Chicを選ばれた理由として、矢田さんは下記の4つを挙げられています。

  1. ネイティヴの先生であること
  2. 先生と直接話し合って決めるのでレッスン内容やスケジュールに融通がきくこと
  3. レッスン料も比較的安いこと
  4. お試しで3人の先生のレッスンが受けられ、自分に合うと思う先生を選べること

5. フランコフォンの皆さんに一言

『ご縁はどこにあるかわかりません。ご自身の周りの人に、「自分はフランス語を使って仕事がしたいんです!」ということをアピールすることは、とても大切だと思います』というお言葉を、矢田さんから頂きました。

矢田さんはポルテボヌールで培ったご縁がきっかけで、とある美容専門学校での通訳のお仕事に巡り会うことが出来ました。
こちらの美容専門学校が実施する期末の面接試験にて、ベルギー(仏語圏)の先生が試験監督として来日をされるので、その際に先生と学生の間に入って通訳をするというお仕事です。

この通訳のお仕事は、ポルテボヌールが主催したプロヴァンス視察旅行の参加者の方から頂いたご縁でした。参加者の方が偶然にも美容専門学校関係社と知り合いで、「フランス語の通訳者を探している」という学校側の要望を受けて、ポルテボヌールに連絡をしてきてくれたとのこと。

色々な方から頂くご縁を大切に紡いできた矢田さんらしいお言葉ですね。そして、とても理にかなっている。

ブログをお読みの皆さん一人一人が、既にたくさんのご縁をお持ちです。それに皆さんのご友人や周りの人のご縁を加えれば、物凄い数のご縁となる。周りの人が持っているご縁が、うまく自分の方に流れてくるように努力することも、自分自身でフランス語の仕事を探すのと同じくらいに大切なことだと思いました。

そしてもう一つ大切なことは、自分のところにご縁が巡ってきたときに、それをきちんとつかめるように日頃から準備をすること。
それは明日なのか、1年後なのか、10年後なのか、誰にも分かりません。でも、矢田さんはひたむきにフランス語を勉強し続けたことにより、ご縁が巡ってきたときにしっかりとつかみ取ることが出来ました。

「周囲の人々のご縁の流れを自分に向ける努力」・「ご縁が自分のところに巡ってきたときに、しっかりとつかみ取れる努力」。
矢田さんへのインタビューを通じ、上記の言葉をキーワードとして感じとった次第です。

今回のインタビューは以上となります。
皆さん、またお会いしましょう。

伊藤 圭

コメント

タイトルとURLをコピーしました