フランス語文法(20):非人称表現① 天気を表す il(イル)

非人称表現では、人ではない表現、「それ」を表す「il (イル) 」を用いた表現のことを指します
※この場合の il は 「彼」という意味ではなく、「それ」という人ではない主語になります。

管理人
管理人

非人称表現は、英語で言う「it」を用いた表現のことです。
例文: It is too hot ! (今日は暑すぎる!)

フランスで天気を表す際は、非人称主語の il と faire (フェール):「~を作る」・「~をする」という他動詞を使用します。

天気を表す表現

Il fait + 形容詞
例文①:Il fait beau.
読み方:イル フェ
意味:天気が良い

例文②:Il fait mauvais.
読み方:イル フェ モヴェ。
意味:天気が悪い。

例文➂:Il fait chaud.
読み方:イル フェ ショ。
意味:暑い。

例文④:Il fait froid.
読み方:イル フェ フロワ。
意味:寒い。

※Faire は4つある完全不規則動詞(être, avoir, aller, faire)の内の一つです。

一人称単数Je fais
(ジュ フェ
一人称複数Nous faisons
(ヌ フゾン
二人称単数Tu fait
(テュ フェ
二人称複数Vous faites
(ヴ フェット
三人称単数Il/Elle/On fait
(イル/エル/オン フェ
三人称複数Ils/Elles font
(イル/エル フォン)

雨が降っている・雪が降っているという表現は、faire の代わりに専用の動詞を使用します。

雨が降っている
Il pleut.
読み方:イル プルー。
※pleut の原形は pleuvoir(プルヴォワール).

雪が降っている
Il neige.
読み方:イル ネイジュ
※neige の原形は neiger (ネイジェ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました