新卒でフランス語の仕事に就くことはできるのか?

<img width=

こんにちは!
フランスまとめサイト管理人の伊藤圭(@Kei_japonais)です。

「新卒採用で、いきなりフランス語の仕事に就くことはできるのか?」という疑問をお持ちの大学生の方も多いと思います。

僕も大学生の時、ずっとそんなことを考えていました。
そしてその答えが欲しくて、毎日毎日インターネットで情報を探したのですが、これがまた全然見つからない。

「英語の仕事に関する記事は当たり前のように見つかるのに、どうしてフランス語は・・・」と嘆く日々です。

ただ、おかげさまで現在は某インバウンド専門旅行会社にて7年以上フランス語を使って仕事をしているので、色々とフランス語求人の状況も理解出来てきました。

というわけで、皆さんと同じ悩みを抱えていた僕が、既にフランス語を使う仕事に就いている身として、今回の質問にお答えしたいと思います。

ちなみに「新卒でもフランス語の仕事に就けます!でも、すごくレアケース。基本は将来的にフランス語の仕事に就くことを目指そう」というのが今回の記事の結論です。

将来的にフランス語の仕事に就くための手段もご紹介しますので、良かったら最後まで読んで下さいね。

この記事を読むと分かること
1. 新卒でもフランス語の仕事に就けることが分かる。
2. でも、すごくレアケースであるということが理由も含めて分かる。
3. フランス語の仕事を探すために役立つ4つのサイトが分かる。
4. 仕事で使えるフランス語のレベルが分かる

初めての方向けに自己紹介。

管理人はフランス語と英語を使って仕事をしています
・社員数約480人のインバウンド専門旅行会社に勤務。
・大手旅行会社のグループ会社の一つ。
・取引国はほぼ全世界。
・2013年11月に転職で入社。
・海外営業部のヨーロッパを担当する課に所属し、7年以上フランス語と英語を使って仕事をしている。
・総合旅行業務取扱管理者という旅行に関する国家資格も一応持ってる。

答えはYES。うちの会社の子がついている。でも、レア。フランス語があれば尚可なら着ける。社内で頑張ってゆくゆくフランス語の仕事を勝ち取るか、フランス語の比率をあげていく方が良いかも。

1. 新卒でもフランス語の仕事に就くことは可能です

<img width=

新卒採用でも、フランス語の仕事に就くことは可能です。

なぜそんなことが言えるのかというと、僕の会社にまさに新卒でフランス語を使って仕事をしている人がいるからです。

ただ、新卒でフランス語の仕事に就くことは、基本的には難しいと思います。
というのも、勿論業種にもよりますが、基本的にフランス語を使って仕事ができるポジション自体が、物凄く少ないからです。

下記の記事でも触れましたが、僕の会社には2021年3月21日現在で約480人の社員がいます。
※記事の中を書いた時点では、約400人でした。

その中で、海外営業職についているのは現時点で約300人くらいです。
※上の記事を書いた時点では200人でした。

そして、300人中フランス語を使って仕事をしている営業社員は2人だけ。
パーセンテージで表すと、1/150で、約0.6%になります。

これは僕が勤務している会社の場合なので、もっとフランス語人材の人数の多い会社は当然あると思います。
でも、上記のパーセンテージから、「他の会社もそれほど多くはないだろう」ということが想像できると思います。

ですので、新卒採用でフランス語の仕事に就くことは可能ではありますが、そもそもフランス語を使って仕事が出来るポジション自体があまり多くないので、新卒であろうと、中途採用であろうと、フランス語が使える仕事に就くことは簡単ではないと思います。

とはいえ、フランス語の仕事に就くことは決して不可能ではありません。
フランス語人材がより活躍しやすい業界もあります。
このサイトでは継続してフランス語の仕事に就くための情報発信していきますので、決して諦めないで下さい!
諦めなければ、必ずフランス語の仕事は見つかります!

2. 転職も視野に入れて、長いスパンで考えよう

<img width=

新卒であろうと転職であろうと、そもそもフランス語を使える仕事自体があまり多くはありません。

ですので、万が一新卒でフランス語が使える仕事に出会えたら「ラッキー!」くらいに思って、基本的には転職も視野に入れて長いスパンで考えていた方が良いと思います。

ちなみに、新卒であれ転職であれ、「絶対にフランス語だけを使って仕事がしたい!」というのであれば、以下の記事で紹介している4つのサイトを必ず利用するようにして下さい。

それから、「どんなフランス語使う仕事ってどんなものがあるのか分からない」という方は、以下の記事も参考にして頂ければと思います。

3. ビジネスレベルのフランス語はDELF B2です

<img width=

管理人は、仕事に耐えうるフランス語のレベルはDELF B2だと考えています。
なぜなら、管理人がフランス語の仕事に就いた時に持っていた資格がDELF B2であり、最初の内は苦労したものの、慣れてからはそれほど苦労せずにフランス語で仕事をすることができたからです。

僕がフランス語で仕事をし始めた時の話や、DELFという試験の詳細、そして試験対策方法について詳しく知りたい方は、下記の記事も併せて読んでみて下さい。

まとめ

今回は「新卒でいきなりフランス語の仕事に就くことは可能か?」ということについて見てきました。

そして、僕の結論は以下の通り。

管理人の結論
1. 新卒でもフランス語の仕事に就ける。
2. でも、すごくレアケース。
3. 基本的に転職に視野に入れて、長いスパンでフランス語の仕事に就くことを考えた方が良い。

今回の記事が、皆さんのお役に立ちました幸いです。

À très bientôt
Kei

コメント

タイトルとURLをコピーしました